精子提供ボランティア 天使の羽根 広島・島根・鳥取・岡山

精子提供を受けたい女性へ無償提供を始めました

精子提供ボランティアへの思い

 

f:id:tensinohanekun:20170604020745j:plain

僕が精子提供ボランティアを始めた動機を書かせていただこうと思います。

僕が精子提供ボランティアを始めた理由は以下の3つあります。

 

自分の子供を多く残したい

困っている人の役に立ちたい

少子化問題を解決したい

 

 

それでは、それぞれの動機について詳しく書いていこうと思います。

1. 自分の子供を多く残したい

僕は子供が好きですし、将来愛する女性と子供を持ちたいと考えています。ですが、僕が直接子供を育てなくても自分の子供が世界のどこかで活躍しているというのはうれしいものです。

子供自体好きなので、一人でも多く自分の子供を残すことができればうれしいと思います。

もちろん、完全匿名での精子提供となりますから子供が生まれても認知や養育費の支払いは一切行いませんのでご了承ください。

2. 困っている人の役に立ちたい

かつて昔の彼女に精子提供をしてくれと頼まれたことがあります。しかし、突然のことだったのとそのころの僕には精子提供をするという心構えがなく、断ることにしました。

それをきっかけに、仕事を続けたい、自分らしい生き方をしたいという理由で選択的シングルマザーが増えていることを知り精子提供希望者が増えていることを知りました。

そういう方のお役に立ちたいという思いがあります。

精子提供ボランティアはまだまだ社会的に認知もされていないことですし、受け入れられない人もいると思います。なので、僕も勇気がいりました。これを読んだくださっている人の方も精子提供を希望するには、かなりの勇気が必要かと思います。

しかし、精子提供をする側にも多大な勇気が必要ということは認識していてほしいです。

3. 少子化問題を解決したい

少子化問題はだいぶ前から問題視されていますが、一向に解決しませんよね。でも、少子化っていうのは社会をこれから担っていく若者が不足することを意味しますから、将来的に社会がなりたたなくなってくる可能性があります。

それほど重要な社会問題が全く解決されていないことに問題意識を感じます。

僕が精子提供をすることで少しでも解決の方向に役立つことができれば、社会貢献することができると思いました。

4. 精子提供で社会貢献したい

子供を残したい僕と、子供を持ちたい女性という間では、両者にメリットがある上に、社会にも貢献できるという意味で精子提供ボランティアは本当に意義が大きいと感じています。

まだまだ精子提供者も少ないのでこれからどんどん増えていってほしいなという思いもあり、今後精子提供を行いたい人のために情報提供をしていくことができればと思います。

 

僕からの精子提供に興味がある方は、以下の記事を読んでからご連絡ください。

tensinohanekun.hatenablog.com

人工授精の費用やリスク、妊娠の確率は?流れ、タイミングはある?

f:id:tensinohanekun:20170604013731j:plain

人工授精ってそもそも何?流れは?

人工授精とは、カテーテルをもちいて精子を子宮内に直接注入して精子卵子を受精させる技術のことです。

人工授精の流れは、排卵日の前日から当日にかけて精子決められた容器に採取した後、洗浄して濃縮後、専用の器具をもちいて精子を子宮内に注入するという流れです。

人工授精の費用と妊娠確率は?

クリニックによって変わりますが、大体人工授精1回の費用は15000~20000円というクリニックが多いです。

人工授精は健康保険適用外となるため、これだけ高額の費用がかかってきます。

 人工授精での妊娠の確率は、1回あたり5~10%といわれています。もちろん、女性の年齢や健康状態であったり、男性側の精子の状態によって変わってきますから一概にはいえないでしょう。

 人工授精は何回で妊娠するか?

人によって、妊娠の成功率がかわってくるので、一概にはいえません。

通常人工授精で妊娠に成功する人は、4~6回程度でうまくいきます。

それでもうまくいかない場合体外受精というやり方に移行します。

妊娠しやすいタイミングは?

排卵日はオギノ式をもちいると、生理開始日と生理周期からわかります。月経周期の最終日から逆に数えて15日目が排卵日です。

オギノ式計算機

上のサイトでは、生理開始日と生理周期から簡単に計算が可能です。

人工授精にリスクはあるの?

人工授精だと赤ちゃんに異常が生じたりしないか心配ですよね。

でも、実際は人工授精では精子を器具を用いて子宮内に注入するというだけで、通常の夫婦の営みによる自然妊娠とたいして変わりません。

なので、子供の先天異常の発生率に差はないのです。

人工授精で助成金がもらえる?

人工授精は妊娠確立が通常のタイミング法よりも低いので、何度も回数をこなす必要があります。健康保険の適用外ということもあり、金額も高いので費用も結構かかってきます。

ですから、可能であれば国や地方自治体が設けている不妊治療のための助成金を利用することをおすすめします。

 ただし、居住地、同一夫婦間に子供が2人以上いないこと、女性の年齢が40歳未満、夫婦の所得制限などの条件が自治体によってありますのでご注意ください。

精子の検査費用や感染症の検査費用、精子の洗浄・濃縮に関わる費用など適用範囲が広いので、人工授精を検討している方はお住まいの市区町村、都道府県で人工授精に対する助成金制度がないかは必ず調べておきましょう。

 精子提供ボランティアを始めました

選択的シングルマザーや男性不妊症によって、精子の提供を望んでいる方が多いということを知りました。

自分のDNAを多く残したいという思いや困っている人の役に立ちたい、少子化を少しでも食い止めることができれば、といった思いから社会的に意義のあることだと思い、勇気をもって精子提供ボランティアを始めました。

詳しい僕のプロフィールや精子提供への思いなどはこちらのページに書いておりますのでぜひご興味があればご一報ください。

tensinohanekun.hatenablog.com

 

 

精子提供ドナー募集

 

f:id:tensinohanekun:20170603201538j:plain

精子提供ドナーを募集します。

精子提供をしてみたいけど、自分でサイトを作るのはちょっと・・・という方

精子提供をしてみたいけど、手間はかけたくない・・・という方

からの精子提供ドナー志願としてのご連絡をお待ちしております。

 精子提供ドナー募集の目的

今回、精子提供ドナーを募集する目的は、せっかくサイトを作ったので、今後このサイトを訪れてくれる方に向けて、精子提供者の選択肢を提供したいということです。

やはり、これから生まれてくる子供の父親になる人を軽々しく決めるわけにはいけませんからね。

少しでも多くの人の中から選ぶことで理想の相手を選ぶことができると考えました。

 精子提供ドナーの注意事項

ただし、精子提供ドナーの方は、厳正に選ばせていただきます。

明らかに性行為目的の方や健康に問題がある方などは拒否させていただこうと思います。

他にも、精子提供ドナーとして不適切と考えられた場合、お断りすることがございますので、ご了承ください。

 

あくまで、このサイトは精子提供希望者と精子提供ドナーの間を取り持つ程度にしか役割を果たせないことはご了承ください。

提供希望者とドナーとの間に起きた一切のトラブルの責任は負いかねます。

 

以上の注意事項に同意いただける方は、

tensinohanekun@gmail.com

まで以下のフォームに必要事項を入力の上ご連絡ください。

 

申し込みフォーム

1.お名前(仮名でいいので、コミュニケーションをとるための呼び名を教えてください。)

2.年齢

3.住所(都道府県や市や区までで結構です)

4.ご職業(具体的に医師、弁護士、プログラマーなど)

5.体重、身長

6.体毛の濃さ

7.血液型

8.嗜好:たばこやアルコールをどの程度たしなむか?

9.容姿:人からの評価や自己評価を具体的に。二重か一重か。髪の毛はどうか?

10.学歴

11.仕事:自己アピールしてください。

12.特技:

13.性格:自己評価と他人からの評価

14.精子検査を受けたことがあるか?

15.他にもどこかに掲載しているか?

 

16.検査はしているか?

17.精子提供の可能な方法:タイミング法(通常の性行為) or 人工授精

18.精神疾患の病歴の有無 なし or あり

19.既婚者かどうか、婦人の了解は得ているか?

20.既往歴(今までどういう病気になったか?)

21.家族に遺伝病や先天性の障害を持った人はいるか?

22.精子提供をする動機:不純な動機の方はお断りしております。

 

当サイトも運営を始めたばかりですので、精子提供希望者を紹介できるかどうかはわかりません。

今後の運営次第ですが、その点ご了承ください。

 tensinohanekun@gmail.com

精子提供ボランティア 天使の羽根

 

精子提供ボランティアを始めました

 

f:id:tensinohanekun:20170603172621j:plain

精子提供ボランティアを始めました20代の男性です。

普段は医学部に通って医師を目指しています。精子提供ボランティアを始めようと思ったきっかけは、数年前に元彼女から選択的シングルマザーになりたいから精子を提供してほしいといわれたことが原因です。

そのときは、私自身突然のことだったのでお断りしましたが、人それぞれ価値観が多様化した中でそういう選択もいいのではないかと考えるようになりました。

 私自身自分の子供に会えなくても世界のどこかで自分の子供が幸せにくらしていてくれればうれしいですし、また少子化がすすむ世の中のためにもなると考えています。

子供を作りたくても作れない人のためにもなるので、精子提供ボランティアは社会的に意義の高いことだと思い、勇気をもって精子提供ボランティアを始めることにしました。

精子提供ドナー紹介】

名前(仮称):天使の羽根
年齢:20代後半(2017年6月現在)
住所:広島・島根・鳥取・岡山周辺(特定を避けるためざっくりと書かせてください)
体重:68~69Kg (少し体を鍛えていますので、多少筋肉質です。細いといわれます。)
身長:180cm
体毛:薄め
血液型:B型

嗜好:タバコは吸いません。お酒は結構好きですが、嗜む程度で羽目を外すようなことはありません。音楽活動をしていたことがあり、楽器を弾く事ができます。ファッションにも気をつかっています。
容姿:普段から清潔感には気をつかっています。今まで彼女も何人か(普通程度)できたことがありますから、顔も悪くはないと思います。目は二重か奥二重。髪は現状ふさふさで家系的にも禿げることはないでしょう。
学歴早稲田大学慶應義塾大学上智大学東京大学のどれかを卒業し、現在某医学部に在学中。
仕事:医師を目指しております。記憶力には自信があります。
特技:楽器の演奏が得意です。また、文章を書くのも得意です。
性格:明るく社交的な性格です。昔の彼女からあなたが今まで会った人で一番しっかりしてるといわれたこともあります。
元気な精子の証拠:始めたばかりなので、まだ検査してませんが提供希望者がいればすぐに検査します。
実績:始めたばかりです。
もっと詳しく精子提供者である私について知りたい方は、直接面談してお話しさせていただきます。

精子提供のルール】

①タイミング法でのご提供(通常の性行為によって妊娠を試みます)
②人工授精(病院で指定された容器に精子を入れて手渡しいたします。その後病院に持ち込んでいただきます)

タイミング法(通常の性行為)での提供希望の方は、必ずHIVなどの性病検査を受けていただきます。もちろん、私も直近の結果を公表いたします。

妊娠確立は以下のようになっています。

タイミング法(通常の性行為) 36%
人工授精           25%

【面談について】

メールや電話相談を受け付けていますが、精子提供の前に必ず面談をさせていただきます。場所は広島県を予定しております。面談をさせていただく理由は、やはり子供をちゃんと育てる覚悟や意志があるのかを確認させていただきたいというのと、子供を育てるのに十分な経済力があるのかなどを見極めさせていただきたいからです。

ですから、何らかの形で経済力を証明していただくことになります。選択的シングルマザーになることを希望する理由などについても深くお聞きすることになるでしょう。

私自身生まれてくる子供に会うことはありませんが、それなりに幸せに生きていってほしいという思いはあります。

また、精子提供希望者にとっても私と会って直接話をした方がいいということもあります。

感染症の検査について】

 HIVエイズ)、梅毒、クラミジア、淋菌、B型肝炎について検査をいたします。

精子提供希望者がいれば検査をして結果を公表いたします。

また、再検査や他の検査をしてほしいという方は費用をご負担していただければ要望に応じることも可能です。

もちろん、タイミング法(通常の性行為)での精子提供を希望される方は、私と同様の検査をしていただきますことはご了承ください。

 【お互いの名前について】

お互いに完全に匿名で行います。妊娠・出産後の連絡は精子提供希望者にお任せします。

【責任について】

私は生まれてくる子供の養育や家族関係について一切責任を負うことはできません。

養育費に関しても一切負担しません。子供の親権もお譲りしますし、認知もしません。

 【謝礼について】

私の精子提供活動はボランティアで行っています。なので、謝礼は必要ありません。ただし、提供希望者が遠方に住んでいる場合などは交通費などの実費をお支払いいただきます。

 

ここまで読んでいただけて私からの精子提供を希望される方は、

tensinohanekun@gmail.com

まで以下のフォームに沿って入力した後、ご連絡ください。

いきなり精子提供希望でなくても構いません。私について質問などがあればできる限り真摯に答えさせていただきます。ただし、個人を特定できる情報にはお答えできかねます。


精子提供希望者に記載していただく項目】 

1.お名前(仮名でいいので、コミュニケーションをとるための呼び名を教えてください。)

2.年齢

3.住所(都道府県や市や区までで結構です)

4.ご職業

5.年収(場合によっては確定申告書類や源泉徴収票を開示していただくこともあります。もちろん、個人名や社名などは伏せていただきます。)
6.貯金額・負債額

7.精子提供前の再検査:希望なし or 再検査希望項目(   )

8.精子提供の方法:タイミング法(通常の性行為) or 人工授精

9.精神疾患の病歴の有無 なし or あり

10.面談希望日時(土日限定、場所は応相談)

11.既婚者かどうか、夫の了解の有無:

12.養育費について:私が認知をせず養育費を一切支払うことがないことに同意できるか? はい いいえ

13.精子提供希望理由:あなたが精子提供を希望するにいたった背景などを詳細に教えていただきたいと思います。

精子提供までの流れ】

1.上のフォームに入力の上メールでご連絡をください。

2.面談をさせていただきます。(日時や場所は相談しましょう)

3.面談後、再検査などの結果を開示します。

4.精子提供予定日の決定(遠方などの方でしたら面談後すぐに行うことも可能)

5.妊娠の可否をご連絡ください。

6.妊娠失敗の場合、次回の精子提供予定日を決めます。

 

tensinohanekun@gmail.com

精子提供ボランティア 天使の羽根